豊橋駅前クリニックHOME > ニキビ・ニキビ跡

ニキビ・ニキビ跡

ピーリング・イオン導入

酸性のお薬をお肌に塗布し、皮膚表面を一定の深さで剥奪し肌のターンオーバーを促します。
ピーリング作用以外にもコラーゲンの産生を促すためお肌が健康的になりきれいになります。
2~4週間で連続5回治療を行うとニキビができにくい肌になります。

ピクセルレーザー

ニキビ・ニキビ跡に効果的なレーザー治療です。はんこう注射のように細かいドット状のレーザーを照射し、お肌を入れ替えます。
照射後はよく見るとわかる程度の小さなかさぶたができ、1週間ではがれます。
1ヵ月ごとに5回のコースがお勧めです。
ニキビができやすい『鼻・ほほ・ひたい・あご』から2ヵ所選んでいただけるプランもあります

内服療法

ビタミンC

皮脂分泌作用・抗炎症作用・抗酸化作用があり、できてしまったニキビにも、これからできるニキビにも効果を現します。

ビタミンB2・B6

美肌にはビタミンB群が不可欠で、ビタミンB群の不足は皮脂分泌のコントロール異常やお肌を弱酸性に保つことができなくなり
抗菌力が低下し、ニキビができやすくなるといわれています。
 < ビタミンB2 >
 ニキビや口内炎に効果的なビタミンです。
 皮膚や粘膜を保護する他、脂質や糖質・タンパク質を代謝し、エネルギーに変え皮脂分泌を抑制する効果があります。
 < ビタミンB6 >
 タンパク質の代謝に不可欠なビタミンです。ニキビの原因の一つである皮脂分泌を抑える効果があります。
 抗アレルギー作用もありますので、アレルギー性の肌荒れにも効果があります。

ビタミンE

血行を良くし、お肌の新陳代謝を高める働きがあります。できてしまったニキビや肌荒れの改善に効きます。

外用療法

ダラシンTゲル

ニキビを悪化させるニキビ菌(アクネ桿菌)やブドウ球菌などの細菌を殺菌します。
赤く腫れたニキビに1日2回洗顔後に塗布します。

ディフェリンゲル

ディフェリンゲルは初期の小さい毛穴のつまりや白や黒のニキビに作用し、ニキビの進行を防ぎます。
また、炎症を起こしている赤いニキビの改善にも効きます。1日1回、就寝前にニキビに塗布します。